WSL の Vim で Windows とのクリップボードを共有する | .umirc

May 31, 2021

WSL の Vim で Windows とのクリップボードを共有する

Xserver を使う方法はたくさんあったのですが、なるべく余計なものは入れたくないので。

WSL の Vim のバージョンを確認

こちらを参考にしました。 vim --version | grep clip+clipboard を確認できなかった場合は、まず WSL の Vim をアンインストールします。

sudo apt remove vim

自分の環境では vim-gnome が入らなかったので、vim-gtk を入れて対応します。

sudo apt install vim-gtk

最後に、以下のように +clipboard を確認できれば準備は完了です。

❯ vim --version | grep clip
+clipboard         +keymap            +printer           +vertsplit
+emacs_tags        +mouse_gpm         -sun_workshop      +xterm_clipboard

vimrc に yank 用の keymap を入れる

ここまででペーストは可能なのですが、yank ができませんでした。地味に不便なので yank もできるようにします。

そのために vimrc を編集するのですが、dotfiles で管理している手前他の環境に影響が出ると困るので、WSL 環境でのみ keymap を読み込むよう以下のように記載します。

" === WSL setting ===
if stridx(system('uname -r'), 'microsoft')
  augroup Yank
    au!
    autocmd TextYankPost * :call system('clip.exe', @")
  augroup END
endif

綺麗にまとまっているので、こちらを参考にさせていただきました。

WSL でも tmux 使いたいですが、一旦我慢してこれで運用します。


Twitter Hatena Feedly

© www.shiomiya.com